沿革

二宮めぐみ幼稚園は、1949年(昭和24年)に、二宮教会と地域の方々により二宮町で初めての幼稚園として開園。 キリスト教保育を建学の精神として幼児教育に力を注ぎ、昭和27年学校法人となって長い間歩んできました。

そして、開園から60余年。

神さまから託されたかけがえのない子どもたち一人ひとりの心を大切に、心身ともに健やかに育つことを願いつつ、私たちならではの保育を実践してきました。 今後も、子どもの成長とともに保育者、保護者、地域が一体となって育ち合えることをめざしていきます。

ページトップへ