教育目標「育ちの目標」

二宮めぐみ幼稚園では、子ども達の「育ちの目標」を考え、先を見通した指導計画を立てて保育をしています。「育ちの目標」は子ども達が自分を信じ、友だちと信頼し合い、自分らしく可能性を伸ばして成長していくための「めざす子どもの姿」です。かけがえのない子ども達をあたたかいまなざしで見守り、たくさんの願いを持って一人ひとりの成長を応援しています。

たくさんの愛に包まれ、自分を大切と思う子ども

神様・教師・友だち・家族の皆さん・地域の人などたくさんの人に愛されていることを感じることにより、「自分は自分のままで良い」と思う心(自己肯定感)を持つことができます。自分を受け入れられている自信は、これから成長していくうえで大きな力となるでしょう。

友だちを認め、やさしい気持ちを持ってかかわりを深める子ども

自分と同じように友だちも大切な人と感じる心が育つと、友だちを認め、楽しみを共有し、豊かな関係を作ることができます。その積み重ねの上で、友だちと考えを出し合い、分担し、協力して行事や活動をつくりあげていくことができるようになります。

いきいきと意欲を持って遊べる子ども

楽しいと感じて遊ぶ、好きな遊びを発展させて続ける、目標を持って頑張るなど、自分で考え、意欲を持って力を伸ばして欲しいと思います。子どもが一番輝くのは、友だちと一緒に主体的に活動している時です。

自然に親しみ興味を広げ、探究する子ども

子ども達が身近な自然にたくさん触れ、感動し、興味や関心を広げて、さらに探究し学びにつなげて欲しいと願っています。

豊かな心で感じ表現する子ども

子ども達が体験や遊びを通して得た感動を様々な方法で表現したり、また友だちを信頼し一緒に力を合わせてのびのびと表現して欲しいと願っています

教育方針

二宮めぐみ幼稚園は子どもがこれから育つための土台(木の根っこ)を広くしっかりと作ります。

根っこがしっかりしていると、 木は幹を伸ばし枝や葉を広げ 大きく育つことが出来ます。

「これから育つための土台を作る」ために 次のような「教育方針」で保育をしています。

幼児期に大切な経験は人から愛され、安心して過ごす経験です。

その安心感が土台になって自分の世界を広げていきます。
子ども達が、神様の愛を感じ、周りのたくさんの人の愛情に包まれ、自分は愛され ている大切な存在であることを感じて、自分を信じる気持ち(自己肯定感)を持って 成長して欲しいと願っています。

一人ひとりの子どもの成長の様子や興味・関心、心の動きを理解し、その子の存在そのものを認め、愛情を持って見守っています。

様々なあそびの体験の中で幼児期に育ってほしい力が育ちます。

あそびの中にはさまざまな要素が含まれています。子どもは興味のある事を見つけ、想像力を働かせて遊んでいます。
あそびは子どもの興味や探究心をさかんにし、知性を育て、学びの根源となる力が養われます。また、あそびを通して喜びや楽しみ、感動や挫折感も味わって、心が豊かになります。自分を主張したり仲間と協力したり、友だちの気持ちを察したり、優しさや思いやる気持ちが育ち、人とのかかわり方を学んでいきます。友だちとケンカしたり、ゆずり合うなかで、社会性を身につけていきます。 いろいろな文化にも出会います。

一人ひとりの子どもがその子らしく力を伸ばしていくことが出来るように 専門性をもって様々な豊かな遊びの環境を整え、応援しています。

ページトップへ