保護者の方の声

園生活を家族中で楽しんでいます

あれは運動会の練習の真っ最中に伺った初めての幼稚園見学。門をくぐったとたん、包み込んでくれるような温かさに緊張が一気にほどけました。園庭でめいっぱい体を動かし、お部屋で頂いた園児たちの手作り梅ジュースを一気に飲み干した息子。その輝いた顔といったら!! めぐみ幼稚園にしようと決めた瞬間でした。あれから一年。年少組に入った息子は、今度は自分自身がお友達と一緒に作った梅ジュースで、かき氷パーティーを体験しました。めぐみにはこのような心のこもった「手作り」の体験が多く、お友達と共有する中で、その温かみが子どもに伝わっているのを身近で感じられ、とても嬉しくありがたい思いです。また、先生方が子どもたちの良いところをとてもよく見て下さり、ほんの些細なことでも報告してくれることが、大変励みになります。まだまだ幼稚園の入り口に近いところを歩んでいますが、園生活を家族中で楽しんでいます。

年少組保護者の方より

二宮めぐみ幼稚園でよかったなと感じたこと

二宮めぐみ幼稚園でよかったなと感じたこと
・つるつるピカピカのどろだんごを得意そうに作ってきました。園庭には遊具だけでなくどろだんご用の砂場、お父さん手作りの竹馬、ととろの家、四季折々の木や野菜畑があり、自然といっぱい触れ合っています。
動物や虫にも居心地の良い園庭なのでしょうね。ザリガニ、メダカ、カナヘビ、バッタ、カマキリ・・巨大なアマガエルが住み着いたのも驚きでした。つかまえた虫も大切に育ててくださり、チョウの羽化に立ち会えたのも感動でした。いろいろな野菜を育て、料理もさせていただいて、苦手な野菜を克服したり、作物をおいしく頂くことへの感謝もできるようになりました。
・絵本の関心が高まりました。貸し出しをしてくださったり、イメージをふくらませて子ども達と劇やお話づくりへと発展させていただき、発表会は親も子も感動でした。
・楽しい歌やわらべうたをたくさん覚えました。こま回しや昔ながらの遊びをたくさん取り入れてくださって嬉しいです。
・キリスト教のお祈りを捧げることで毎日が1日1日楽しく無事に過ごせることへの感謝の気持ちを持てるようになりました。長くお休みしている友だちに対し、「早く元気になりますように」と祈る姿をみて、園生活の中で思いやりややさしさに触れる機会を持てているからだなぁと嬉しく思いました。
・「卒園生のつどい」で園を開放してくださったり、子育てや絵本の講演会を行ってくださったり・・卒園したなかまを大切にしてくださり、親にとっても学びや育ち合う機会を与えてくださっています。めぐみの会(保護者会)や男組(お父さんの会)を通じ、親同士も園もつながりが持てて嬉しいです。

卒園生と年少組保護者の方より

二宮めぐみ幼稚園ってこんな幼稚園です

一日の大半を過ごす園庭には子どもたちの遊びの世界が広がっています!!
「あの木の実とってもいい色がでるんだよ!」「お花はね~。」子どもたちの遊びのタネは尽きません。一方でサッカー遊びに汗を流し、トンネルをくぐりぬけて追いかける・・オニ、砂場には山、川が出来ていて、傍らの小さな畑には野菜が実っています。
はじめてお母さんと離れて通う幼稚園、親も子も不安でした。でもそこに広がる遊びの世界はとっても魅力的!子どもたちの歓声が、優しい先生の手がすぐに導きいれてくれました。すぐに安心してのびのびと過ごすことができました。
「お子さんの幼稚園時代をおうちの方皆さんで楽しんでください!」折に触れ伝えられる幼稚園からのメッセージです。さまざまな行事から日常の保育、保護者の会『めぐみの会』の活動を通してお父さん同士、お母さん同士が一緒に楽しみ、交流を深められます。
子どもたちはもちろん、親にとっても大切な友達づくりの場なのです。 不思議ですよ!めぐみ幼稚園の子って園児も卒園生も同級生でなくても知ってる子でなくてもすぐにうち解けて一緒に遊び出すんです。
いつでもどこでもすぐに遊びを見つけられる、それがめぐみっこです!

卒園生と年長組保護者の方より

ページトップへ