topics

2021年10月 年長組が稲刈りをしました。

里山再生協議会、農業委員さん、二宮町役場などの多くの方々の協力のもと、毎年、一色地区で田植えをさせて頂いていますが、今年は雨だったので残念ながら体験できませんでした。今日は、爽やかな秋晴れの中、黄金色に穂をつけた稲を刈らせてもらうことができました。本物の鎌で稲を刈り、束ねてもらった稲を運んで稲架に掛けてもらう体験は、貴重な体験です。2週間ほど乾燥させるそうです。1本も落とさないよう大事に運び、自然の恵みに感謝する時ともなりました。

2021年10月 いもほりに行きました

4日は年少組、5日は年中組、11日は年長組がおいもほりに行ってきました。どの日もよく晴れた、暑いくらいの秋の一日。
たくさんのおいもを収穫できました。里山をよみがえらせる会の方々が、お世話をしてくださり、また保護者の方々にも、草取りやつるきりをお手伝いしていただきました。
土の中から出てきたおいもの家族にびっくり。「わぁ!たくさん埋まってた!」
大学いもやさつま汁に調理していただきます。やきいも大会も楽しみです。

2021年06月 ザリガニ釣り

年長組がザリガニ釣りに行きました。竿は自分達が広告チラシの紙で作った「くるくる棒」。最初は、急いで引き上げてしまい、逃がしてしまうことも・・・。だんだんと引き上げるコツもつかみ、どんどん釣れるようになってくると、おもしろくて楽しくて、お弁当の時間も惜しいほど夢中になった子ども達でした。「そろそろ帰るよ~」の声に「まだ帰りたくな~い」「もっと釣りた~い」釣ったザリガニは、持って帰って飼いたい人は持ち帰りました。
 
 

2021年04月 元気に園庭で遊んでいます。

新年度が始まり、自分の好きな遊びを見つけ、元気に遊んでいます。最初はどきどきだった新入園の年少組も少しずつ安心して過ごせるようになってきて園庭を駆けまわっています。どろんこあそびも基地ごっこもおうちごっこも夢中になって楽しんでいます。これからは爽やかな気候になり外遊びには最適です。

2021年02月 豆まきをしました

オニは外~!福は内~!園庭に元気な鬼たちがたくさん現れ、新聞紙で作ったつぶてを使ってオニ退治です。自分達で作った鬼の面をつけ、追いかけたり、追いかけたり。
でも・・・恒例の怖い鬼もそのあと登場!勇敢に立ち向かう子や、泣いて泣いて逃げまわる子や大人にしがみついて隠れる子。途中でイワシの焼く匂いもしてきたので、鬼は退散していきました。立春を迎えるともうすぐ春がやってきますね。

2020年10月 さつま汁を食べました。

おいもほりでたくさん収穫したさつまいもを使ったさつま汁を食べました。にんじん、こんにゃく、油揚げ、豚肉、と、具だくさんの汁は最高の味です。甘くてほくほくのさつまいもがたくさん入っていました。おかわりもいっぱいして秋の自然の恵みに感謝した一日です。

2020年10月 年長組里山へ遠足に行きました。

心地の良い秋晴れの中平塚土屋にある里山に行ってきました。ツリーハウスは高くていい眺めです。丸太でできたシーソーやブランコもあります。どんぐりやくぬぎもたくさん落ちていて、拾いながら「どの木から落ちてきたのからぁと大きな木を見上げていました。お弁当を食べている時間も惜しいとばかり、さっさと食べて、一目散にまた木々のなかへ。山を少し降りていったところには田んぼもありバッタやカエルやこうろぎ、秋の虫がいっぱいいました。帰る時間になっても、まだ帰りたくなーい!と。自然の中で秋を感じながら存分に遊びました。

2020年09月 バケツ稲が豊作です

年長組は、毎年、二宮町役場、里山再生協議会、農業委員さんなどの多くの方々のご協力のもと、一色地区で田植えをさせていただいています。今年は感染防止のために子ども達の参加はありませんでしたが、苗を少し分けて頂きました。大きな容器にバケツ稲と同じ要領で苗を植えました。8月にはたくさんの穂が出始めました。雀に食べられないように子ども達はかかしを作って立て、網をかけ守りました。稲穂が黄色くなり始め、垂れてきました!稲刈りまであと少し!楽しみに待っています。

2020年09月 牛乳ケースで

セミの声も聞かれなくなり、トンボが飛び始めた園庭です。
朝登園したら園庭に飛び出していき、好きな遊びが始まります。たくさんある牛乳ケースはどこにでも持っていけて、どんなものにも変えられて、子ども達の遊びが広がる遊具です。年中組の男の子達が長いこと遊んでいました。向かい合ってジャンケンが始まるのか?と思っていたら、どうやらはじめのうちはそうではなく、端と端からやってきてじゃれ合って楽しそう。誰かがジャンケンして降りることと提案したのか途中からそうなったようでした。牛乳ケースは片付けの時間には片付けて部屋に入っていきますが、遊びで作られたものによっては、またあとで続きをしたいからとそのままにしておきたくて「こわさないでね」と貼り紙をして園庭をあとにする子ども達もいます。
 

2020年08月 2学期が始まって…ザリガニ釣りに

先月のお楽しみ保育ひも行ったザリガニ釣り。めざすはお隣の中井町にある厳島湿性公園です。いっぱい釣ってこよう!とはりきっていきましたが、ザリガニはなかなかかおを出してくれません。じっと座って粘る子やあちこち場所を変えてみる子や...。大人も意地で頑張ってみたり。たくさんではないけれど釣れました。今度の日曜日にパパと来てみる!と言っていた子達もいまいた。釣ったザリガニは幼稚園でお世話します。

2020年07月 年長組  お楽しみ保育

夏のお泊り保育は年長組が楽しみにしている行事です。今年はお泊りはできなかったけど、3時過ぎに集まって夜の幼稚園を楽しむことが出来ました。集合したらすぐに中井町の厳島湿生公園にザリガニ釣りに出発!帰ってきたら夕食まではゲームやスタンプラリー。そしておいしいカレーを食べました。暗くなったらキャンプファイヤーもやらなきゃね。火の女神がやぐらに点火していってくれました。先生たちによる影絵の出し物。夜だからこそ一層楽しむことが出来ました。
特別な時間を大好きな友達と過ごしたお楽しみ保育。いい思い出になったことでしょう。

2020年06月 入園おいわいの会を行いました。

6月1日から少しずつ、保育を再開することができ、今日は、新しい子どもたちを迎える「入園おいわいの会」を行うことができました。家族の方と一緒に登園し、クラスごとにホールに集まり、みんなで入園をお祝することができました。幼稚園では、できる限りの安全対策をしっかりと行い、子どもたちが新しい生活の中で、安心して自分らしさを発揮して楽しんでいくことができるようにゆっくりと進んでいきたいと思います。

2020年01月 年長組が陶芸をしました。

二宮在住で「親子de陶芸の会」を主催している佐藤清美先生に指導していただいて、年長組が陶芸を体験しました。
実際に使用できるコップや皿、飾るものなどいろいろな思いを持って作りました。皿には模様をつけたり飾りをつけたり。「どの色にしようかな?」など試行錯誤しながら楽しんでいました。普段幼稚園で使っている粘土遊びの発展として陶芸を行いましたが、時間をかけて完成した幼児らしい自分たちの作品に、とても満足気な笑顔を見せていました。3月の出来上がりを楽しみにしています。

2019年06月 小児救急講座を開催しました。

保護者対象の小児救急講座を行いました。

在園児のお父さんでもある救急救命士の方が講師になり「小児の心肺蘇生」を人形を使った実技や「異物による窒息の時の対応の仕方などの応急手当」について丁寧にわかりやすく教えてくださり、保護者の方の質問にも答えてくださいました。実際にAEDをあけてみて使用してみました。いざという時に使える自信にもなりました。参加したお母さんは「昨年も参加してためになったので今年も参加しました。」「忘れないように定期的に講習を受けたいと思った。」「実技をすることで迷いもなくなりできるような気がしてきました。」などの感想がありました。正しい知識や実技経験があるだけで自分の子どもはもちろん他人の命を助けることのできる能性が増えますね。

2019年05月 親子遠足が行われました。

快晴のお天気に恵まれました。全園児で親子遠足に行きました。
新緑がきれいな広い広い大磯運動公園で、クラスごとにわらべうたをして遊んだり、広いグランドを有効に使い、しっぽとりをしたり、よーいどん!をしたり体もたくさん動かしました。全園児で保護者の方も交えて楽しい競争ゲームをしたり、皆が仲良くなれる楽しい親子の遠足となりました。

2017年12月 男組 「吾妻山スタンプラリー」

 男組の方による「吾妻山スタンプラリー」が行われました。きれいに澄み渡る青空の下、参加者の親子が自然の中で楽しんできました。落ち葉を集めたり、ちょっと変わった??「腕相撲」をしたり、男組手作りのキャタピラで芝生の上を転がったりのびのびと遊んできました。最後は恒例のせんべい食い競争をして、解散となりました。 

2017年10月 やきいもをしました

おいもほりで掘れたさつまいも、やきいもをしました。朝からさつまいもをアルミホイルで包み、火の中に入れていきました。「まだ焼けないの?」「焼き芋はそんなに強くない火でじっくり焼くのがいいのだよ」
そんな会話をしながら待ちました。ほくほくの焼き芋は最高でした。おかわりもできました。

2017年10月 年少組 城山公園に行きました。

心地の良い秋晴れの中、年少組は城山公園に遠足に行って来ました。
バスに乗って出かける遠足をとても楽しみにしていた子どもたち。
公園に着くと、バッタやコオロギなどたくさんの秋の虫たちが待っていました。お弁当までの時間、夢中で虫探しをしました。どんぐりもたくさん拾いました。お母さんのおみやげにするんだ、と嬉しそうでした。
お弁当は大きなシートの上でみんなで一緒に食べました。「みんなで食べるとたのしいね」「お外で食べるとおいしいね」と笑顔いっぱいの子どもたちでした。

2017年07月 男組による流しそうめんが行われました。

男組のお父さんたちの主催で「流しそうめん大会」が行われました。
男組メンバーの方が、事前に一色地区から太い竹を切り出して、半分に割って節を採り、流しそうめんが出来るように用意してくれました。
子どもたちは、竹でそうめんを食べる器を作ってもらいました。
そうめんが流れ、最後の方にはミニトマトやサクランボも流れてきました。すいか割りタイムも楽しみました。240人近い参加者は夏らしい催しものを親子で充分楽しみました。
主催した男組の皆さん、参加した保護者の皆さんも楽しみ、子ども達にとっても思い出に残る楽しい1日となりました。

2017年06月 引き取り訓練を行いました。

地震災害に備え、園児の防災訓練と保護者の方の引き取り訓練を行いました。
地震が起きた事を想定し、「だんごむし」のポーズをとって頭部を守り、その後防災頭巾をかぶって園庭に避難し,保護者の方のお迎えを待ちました。
園児は皆、落ち着いて真剣に訓練をしました。
保護者の皆さんは、災害時のことを想定してさまざまに調べながら、自宅から実際に歩いてお迎えに来てくださいました。
幼稚園は海に近いですが、海抜は22メートルあります。防災についての検討を常に行い災害に備えています。


PAGE :  1
ページトップへ